西小山漢方堂からのお知らせ

お知らせ

コラーゲンの選び方や取り方など

何からできているコラーゲンがいいのでしょうか? コラーゲンには主に2種類あり、魚の皮やうろこから抽出したコラーゲンと、豚や牛の皮などから抽出したコラーゲンがあります。生物の種類が違うとアミノ酸の組成が違います。人間と相性が良いアミノ酸組成...
お知らせ

高分子コラーゲンで免疫機能をアップ!ウイルス・細菌・ガンにも負けない!

ウイルス・細菌胎児が100倍近い速度に! コラーゲンと免疫とはとても深いかかわりがあります。私たちの体は、「免疫」という機能によって守られています。体内に侵入したウイルスや細菌などを退治してくれるマクロファージという細菌はコラーゲンととて...
お知らせ

11/15は13時からの営業となります。

11/15は13時からの営業となります。
お知らせ

11/14は世界糖尿病デーです。

世界糖尿病デーとは、世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するためWHO(世界保健機関)とIDF(国際糖尿病連合)によって定められた国際デーです。 11月14日は、インスリンを発見したバンティング博士の誕生日で糖尿病治療の画期的な発見に敬意を示し...
お知らせ

人は血管とともに老化する!コラーゲンで血管美人・・・

いわばコラーゲンのチューブ ドロドロの血液をサラサラにしようと頑張る方は多いはず。でも、その通り道である血管は自覚症状があまりないため、異常に気がつきづらいものです。血管は年齢を取るとともに歳を取ると言います。歳を取るから血管は固くなり、...
お知らせ

正確に見えるのはコラーゲンのおかげ!目のほとんどはコラーゲン・・・

大切な角膜にもコラーゲンです。 目の水晶体、角膜、網膜などには、コラーゲンがたくさん含まれており、眼はコラーゲンが多く含まれます。角膜は、眼球を覆っている膜で、コラーゲン繊維が規則正しく並んでいます。物が歪まず正確に見えるのもコラーゲンが...
お知らせ

年齢は歯が決める!歯茎の60%はコラーゲン・・・

歯茎の60%はコラーゲンです 老化で歯茎がやせる 子供の頃、おじいちゃんおばあちゃんの歯が長いと感じた経験はありませんか?これは歯が長いのではなく、歯茎がやせて下がっているのです。歯は歯を磨き、虫歯になったら歯医者さんに行けばいいで...
お知らせ

じん帯・腱のほとんどがコラーゲン!ケガの予防や改善にもコラーゲン・・・

じん帯・腱の役割 身体を動かすためには骨や筋肉が必要です。その骨と骨をつなぎ、関節を形作って安定させているのがじん帯で、関節の可動域を制限するのもじん帯です。一方、骨と筋肉をつないでいるのが腱です。腱はばねのような働きをして、筋肉...
お知らせ

関節軟骨の50%はコラーゲン!コラーゲンでクッションを若返らせる・・・

クッションの若返りを・・・ 曲げ伸ばしが大変、歩くと辛い…中高年を悩ます代表的なトラブルが関節痛です。骨と骨の間にある関節軟骨の50%はコラーゲンでできており、骨と骨がぶつかり合わないようにクッションの役割をしています。もし、そのクッ...
お知らせ

骨の強さはカルシウムとコラーゲン!コラーゲンで「補強工事」を・・・

コラーゲンは「鉄筋」の役割 骨はカルシウムが大切と誰もが思っていますが、カルシウムと同様にコラーゲンもとても重要な成分なのです。骨を鉄筋コンクリートのビルに例えると、鉄筋=コラーゲン、コンクリート=カルシウムです。カルシウムは骨の...
タイトルとURLをコピーしました