コラム

お知らせ

エス・ワン・エスGプラス 自然派高分子コラーゲン

至福のコラーゲン、誕生です・・・ 「エス・ワン・エスGプラス」は自然に近い高分子コラーゲンに グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸を組み合わせた贅沢なコラーゲン加工食品です 至福のコラーゲンが あなたの健康と美容を応援しま...
お知らせ

ローザ・ブルガスカ(ローズオイル)のトピックス

必ず女性の魅力が増します。 女子大生18人で実験。ローズオットー(ローズオイル)を襟元に着けた人と、単なる水を付けた人のグループの平均顔を作成し、ビフォーアフターの印象を第三者に確認したところ、水のグループでは印象が変わらなかったのに...
お知らせ

ローザ・ブルガスカ

「ローザ・ブルガスカ」は… 世界一の香りを持つ「ブルガリア産ダマスクローズ」の質と量にこだわり その他の配合成分に関しても、香りの効果を最大限発揮できるように厳選した 他にないローズサプリメントです。 ブルガリアにあるローズ...
お知らせ

冷え症よりも危険な低体温…

「痛い!」その原因は低体温!? 体が冷えると血管が強く収縮するために血液の流れが悪くなります。そうすると皮膚や筋肉へ行く血流が少なくなり、痛みやしびれが出るのです。 「低体温」が老化を促進する! 老化を一言で言うとすれば、「基...
お知らせ

幸せホルモンで心も体もスッキリ!

精神を安定させる?セロトニン! 幸せホルモンの一つとしてメディアなどでもよく耳にするようになった「セロトニン」。心のバランスを整えてくれる脳内物質の一つで、心と心身を安定させ、幸せを感じやすくする働きを持つといいます。しっかり分泌され...
お知らせ

牡蠣(ぼれい)かき

生の牡蠣にレモンやトマトケチャップをかけたオードブル、土手鍋やカキフライなど、牡蠣は世界中の食卓に並ぶ栄養価の高い二枚貝です。牡蠣は「蠣」単独でも「かき」の意味も持っていますが、生殖腺が雌雄とも白いことから中国ではすべて雄と勘違いして「牡」...
お知らせ

乳腺・痔の痛み、湿疹・皮膚炎に紫根牡蛎湯

紫根牡蛎湯は、乳腺の痛み、痔の痛み、湿疹、皮膚炎、貧血、疲労倦怠に用いることが出来る漢方薬です。もともとは医薬研究に熱心であった水戸西山公(徳川光圀)が収集した処方(漢方薬のレシピ)の一つで、仙台藩江戸詰の藩医・工藤球卿(きゅうけい)によれ...
お知らせ

慢性副鼻腔炎の治療 手術後も薬で再発防ぐ

鼻腔(鼻の中)の周囲に4種類ある副鼻腔に炎症が起き、鼻水や鼻づまりなどの症状が3か月以上続く場合、「慢性副鼻腔炎」と診断される。 細菌感染が炎症の原因になっているため、治療では最初にマクロライド系と呼ばれる抗菌薬などを使用します。症状が改...
お知らせ

子供の弱視 早期治療がカギ

目の機能は、6から8歳ころまでに完成するといわれています。生後1か月頃にはほぼゼロだった視力は、脳で情報を処理する能力が上がるにつれて3歳頃までに急速に発達していき、4歳頃の目安では1.0になります。この「感受性期」に、何らかの要因で視力の...
お知らせ

目に異常、加齢性黄斑変性 食事や青色光に注意

網膜の中心部にあり、光を感じる視細胞が集中している部位を「黄斑」と呼ぶ。黄斑が加齢や生活習慣の乱れによってダメージを受けてしまうのが加齢瘀黄斑変性です。高齢化の進展や生活の欧米化を背景に患者が増えてきていて、なかでも男性に多いとされます。 ...
タイトルとURLをコピーしました